トイザらスの150cmクリスマスツリーは収納がコンパクトでおすすめ!

トイザらスの150cmクリスマスツリーは収納がコンパクトでおすすめ!

2021-08-19

クリスマス気分を盛り上げてくれるクリスマスツリー。

お子さんのいるご家庭ではクリスマスの必須アイテムですよね。

クリスマスツリーには様々なサイズがありますが、就学前の子供の背丈より大きい150 cmサイズのクリスマスツリーは、部屋に置くと存在感があり多くのご家庭で選ばれます。

我が家でも娘が幼稚園の年長さんの時(2020年)に150 cmサイズのクリスマスツリーを購入することにしました。

(それまでは卓上サイズのクリスマスツリーを使っていましたが、やっぱり物足りないですね)

ただし、クリスマスツリーは使用する期間が短く、1年の大半は収納しておくことになります。

そこで、できるだけコンパクトに収納できるクリスマスツリーを探しました。

最初はネットで調べたのですがどれがよいのかわからず、ダメ元でトイザらスの店舗に見に行くことにしました。

その結果、運よく150 cmサイズなのにコンパクトに収納可能なクリスマスツリーがトイザらスに売っていました!

商品名は「#HAPPY SEASON 150 cm ドリーミーパレード セットツリー」で、トイザらス限定商品。

我が家では迷わずこのクリスマスツリーを購入しました。

我が家と同じように「コンパクトに収納可能な150 cmサイズのクリスマスツリー」を探されているなら、トイザらスの「#HAPPY SEASON 150 cm ドリーミーパレード セットツリー」はおすすめです。

以下では、トイザらスの「#HAPPY SEASON 150 cm ドリーミーパレード セットツリー」をレビューします。

スポンサーリンク

トイザらスの「#HAPPY SEASON 150 cm ドリーミーパレード セットツリー」

クリスマスツリーをコンパクトに収納できて、箱のサイズが小さい!

「#HAPPY SEASON 150 cm ドリーミーパレード セットツリー」の箱の写真
「#HAPPY SEASON 150 cm ドリーミーパレード セットツリー」の箱

我が家でクリスマスツリーを購入する際に最も重視したのはコンパクトに収納できることでした。

トイザらスの「#HAPPY SEASON 150 cm ドリーミーパレード セットツリー」は箱のサイズが43.5 cm × 21.5 cm × 25 cm!

箱の最も長い部分でも43.5 cmしかないので、このサイズならクローゼットや押し入れにしまっても場所を取りません。

150 cmサイズのツリーをこのサイズで収納できるのは助かります。

店舗ではほかのクリスマスツリーの箱と一緒に並んでいましたが、他のものと比べて圧倒的に小さかったです。

重さは2.6 kgでした。

クリスマスツリーの組み立て

「#HAPPY SEASON 150 cm ドリーミーパレード セットツリー」の セット内容の写真
「#HAPPY SEASON 150 cm ドリーミーパレード セットツリー」の セット内容

クリスマスツリーは土台の部分と6つのツリーパーツを連結させて組み立てます。

組み立て方は説明書ではなく箱に書いてあります。

箱に記載されている組み立て方の写真
箱に記載されている組み立て方

説明書は紛失する可能性があるので、この商品の様に箱に組み立て方が書いてあるほうがよいかもしれません。

また、箱には2次元バーコードがついていて、YouTubeの動画でも組み立て方を見ることができます。

クリスマスツリーは、コンパクトにしまえるように6つのパーツに分かれていました。

各パーツには番号がついていて、ツリーの組み立ては順番に差し込むだけ。

土台の部分も大きくて組みあがったツリーは安定感がありました。

土台にツリーの1番のパーツを差し込んだところの写真
土台にツリーの1番のパーツを差し込んだところの写真

組み立て中にツリーの葉っぱがいくつか落ちましたが、この手のクリスマスツリーでは仕方ないですね。

各枝に葉っぱがたくさんついているので、少しぐらい葉っぱが落ちてもツリーの見た目には影響ありませんでした。

オーナメントは物足りないかも

完成したクリスマスツリーと箱の写真
完成したクリスマスツリーと箱

クリスマスツリーにはオーナメントが付属していますが、数が少ないです。

付属しているオーナメントは、ツリーの正面を決めて、正面側のみに配置することを前提にした数になっています。

クリスマスツリーを部屋の隅に置く場合には付属のオーナメントでも華やかになりますが、クリスマスツリーの周囲全体を飾りたい場合には、オーナメントを買い足す必要性を感じました。

また、このクリスマスツリーにはLEDイルミネーションライト(電飾)が付属していて、電源に電池(単三電池3本、別売り)を使用します。

LEDイルミネーションライトは連続点灯と点滅を選択できますが、LEDの数は多くないので、こちらも人によっては物足りないかもしれません。

クリスマスツリーの飾り付けにこだわる場合は、追加でオーナメントなどを買う必要があると思います。

まとめ

クリスマスツリーの写真

我が家で購入したトイザらス限定商品の「#HAPPY SEASON 150 cm ドリーミーパレード セットツリー」を紹介しました。

このクリスマスツリーは150 cmサイズなのにコンパクトに収納可能なので、我が家では購入してよかったと思っています。

娘も大喜びでした。

クリスマスツリーは11月頃からトイザらスの店頭やネットで購入できるようになります。

もし、ここで紹介した「#HAPPY SEASON 150 cm ドリーミーパレード セットツリー」に興味を持たれた場合は、トイザらスの公式サイトを覗いてみてくださいね。

また、楽天市場にあるトイザらスからも購入できますよ。

\楽天市場のトイザらスのページへのリンク/

<おすすめ記事>

親子のコミュニケーションUP!やってよかった住まいの工夫ランキング
「小学生がいる家庭でやってよかった住まいの工夫ランキング」をご紹介。上位にランクインした住まいの工夫を実践すると子供とのコミュニケーションを増やすことにつながる…
hatton-log.site
【キャリーオンの口コミ】ブランド子供服10点購入でこの値段!安い!
【キャリーオンの口コミ】我が家の場合、小学1年生の娘用に10点購入して4,580円(税込)でした!キャリーオンは、おしゃれで質の良いブランド子供服のリユース品を…
hatton-log.site
幼稚園児の習い事はいくつがいい?実はママの育児幸福感にも影響
幼稚園児の習い事はいくつがいいのでしょうか?実は、2つ以上の習い事の掛け持ちは、子供の成長をより感じられ、ママの育児幸福感(育児中に感じる肯定的な情動)にもプラ…
hatton-log.site